So-net無料ブログ作成
検索選択

解雇したい 弁護士 

理由があって誰かを解雇したい時は
いちど弁護士に相談してみるというのも
猶予があるなら良い手だと思います

できるだけお金をかけずに済ませたいとは
誰もが思うことですが労務トラブルになった時
あまり対策を練ってないとコストが倍増します

その将来的に大きなリスクを抱えるよりかは
弁護士に相談しておいた方が得と考えるか
いや損だと考えるかの差だと思います

解雇したい 問題社員 

度々誤解が多い部分ではありますが
問題社員だからといっても解雇したい時には
普通の相手を解雇する時と手順は変化しません

もちろん法に触れるようなことをしてしまい
懲戒クラスの問題社員なら話は別ですが・・・

どのような社員であろうと
基本的には同じ被雇用人という扱いになる為
問題の有無は特に関係ないというオチです

解雇したい 適切 

解雇したいのにできないという状況は
あくまで適切な手順を踏んでいないだけで
大抵のケースで解決は可能といえます

もちろん直ぐに解雇などの理想通りではなく
手順をしっかり踏んでトラブルになっても
問題なく戦えるようにすることが先決です

正攻法以外では辞めさせ屋という選択もあり
恨みなどが絡むような状況だとこちらを選び
一緒に恨みを晴らそうとする方もいるようです

解雇したい 社会保険労務士 

正攻法で誰かを解雇したい場合
社会保険労務士というのは最強の味方といえます

それこそ労働関係では弁護士よりも知識が豊富で
よいアドバイスをもらえる方が多いのも魅力です

とはいえあくまで正攻法の話ですから
コストなしで明日から来なくさせる方法などは
流石に無理と思った方がいいと思います

そういう道を探っていくのであれば
明日から無断欠勤してもらうように仕向けるか
辞めさせ屋のような工作業者に頼る方が
策を見つけられる可能性も高いと思います

うつ病解雇したい 

うつ病の社員は絶対に解雇できないと思われていますが
実のところ解雇したいなら相応の準備があれば切れます

大前提として就業規則がとても大切になってきますので
それが用意されていないようなところだと会社側は
相当不利な立場になると思った方がいいです

基本的にうつ病という理由で解雇はできませんが
就業規則にもとづき合理的な理由があるなら可能です

もちろん正攻法からいかずとも辞めさせ屋など
違う方面から解決を図ることも可能だったりします

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。