So-net無料ブログ作成

解雇したい 就業規則等 

いくら就業規則等で規定があったとしても
あまりにも不当と判断される理由での解雇は
無効とされてしまうのが世の中の現状です

ですが解雇したいと考えるからには
何かしらの非がある訳です

その非について本人に充分自覚させて
今後の転職活動などの兼ね合いで自主退社等
メリットのある選択肢を求めると良いです

場合によっては辞めさせ屋なども有効でしょう

会社にしがみついている人間ほど特に考えず
居座ること一択で動いているように思えますが
実際には辞めるメリットも少なからずあるのです

解雇したい 手続 

人を解雇したい場合に正攻法でとる手続きは
1ヶ月前の解雇通知だけだったりします

もちろん正当と判断される理由を用意して
有事に備える必要もあります

とはいえやるべきことは殆どがトラブル対策で
解雇自体でやることはかなり少ないのです

解雇したい 能力不足 

能力不足を理由に解雇したいということなら
改善指導の記録を取りつつ面談もすると良いです

ここで退職を迫るということではなく
事実関係をしっかり明確に話しておくことで
場合によっては向こうから自主退社するからです

あくまで可能性でしかありませんが
解雇よりも自主退社の方がメリットが多く
できれば自分から辞めてもらった方が良いのです

アルバイトを解雇したい 

アルバイトを解雇したい場合は
その旨を伝えるだけで大概は翌日から来ません

ですが逆にトラブルに発展させる方もいるので
安易に何でも伝えればOKという訳ではなく
ターゲットの人物像をしっかり考慮した方が
よりリスクは軽減できると思います

特にフリーターでアルバイトをしていると
学生よりも死活問題になりますから
よりトラブルのリスクが大きいと考えられます

解雇したい 能力 

能力的なところを理由に解雇したいというのが
無理であるという風潮は都市伝説です

大抵のケースではこの2つに分かれますが

1.特定の能力があると嘘をついて入社
2.必要な能力に満たない状態が続いている

1番に関しては嘘を付いている時点で解雇可能で
2番も改善指導を一定期間続けて無理なら可能です

2番のケースの場合は改善指導の記録をとり
それを解雇理由の証拠として保存しておかないと
後でトラブルになった時に不利になりますから
その点は注意すべきことになります

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。