So-net無料ブログ作成
検索選択
解雇したい社員 ブログトップ
前の5件 | -

解雇したい 適切 

解雇したいのにできないという状況は
あくまで適切な手順を踏んでいないだけで
大抵のケースで解決は可能といえます

もちろん直ぐに解雇などの理想通りではなく
手順をしっかり踏んでトラブルになっても
問題なく戦えるようにすることが先決です

正攻法以外では辞めさせ屋という選択もあり
恨みなどが絡むような状況だとこちらを選び
一緒に恨みを晴らそうとする方もいるようです

解雇したい トラブル 

トラブルなく解雇したいなら
懲戒解雇レベルの時だけにした方が良いようです

それ以外の状況で解雇するよりは
自主退職が迫った方がトラブルになる可能性が
比較して低くなるのだとか

もっとも辞めさせ屋を利用することによって
トラブルの発生率はまた変動するようです

解雇したい 円満 

人を解雇したい時に円満な終わり方をしたい
というのは誰でも当然ながら考えることです

ですがその実現には相手が望む保障
全て受け入れない限りは円満になりませんから
どこかで必ずクビにする側と意見が相反します

この時点で円満ではなくなる訳ですから
非情になってトラブル覚悟で解雇にするか
辞めさせ屋の起用や自主退社なども視野にいれて
最適なものを選んでいくかのどちらかになります

解雇したい場合 

解雇したい場合は今後の保障が必要です
猶予をもって通知をした場合は問題ありませんが
通知から1ヶ月間の保障が必要だったりします

なのでタダでクビにするという訳にはいきません

今後の就職に響くように辞めさせたいなら
解雇にした方が良いかとは思いますが
このような保障が嫌なら自己都合による退職
これが一番だったりします

解雇したい 方法 

解雇したいと考えても方法は色々です

根本的になりますが解雇か自主退職かでも
後のスムーズさが全然違ったりしますが
どちらがいいかはケースバイケースです

自分だけで悩むよりは協力がいた方がいいですし
どうしようもないなら辞めさせ屋でもいいですね

誰しもが穏便に辞めてもらいと考えますが
実際にトラブルが起きてしまうのは
どれだけ計画を練ったかにもよると思います

前の5件 | - 解雇したい社員 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。