So-net無料ブログ作成
検索選択
社員 解雇したい ブログトップ
前の5件 | -

解雇したい デリケート 

労務問題は非常にデリケートな問題ですが
解雇したい事情があるならした方が良い訳で
そのジレンマに悩まされているケースが多いです

しかしいつまでも雇い続けてもデメリットのみで
生産性のない状態が続きますから行動あるのみです

風評もいとわないなら経営状態が危ないとでも
噂を流せば辞めていく人員を作れますが
思い通りに選定することは難しいかもしれません

ターゲットのみを解雇したいということなら
不正の証拠や個人が辞めたいと思うだけの状況が
出来上がってこなければいけません

解雇したい 問題社員 

度々誤解が多い部分ではありますが
問題社員だからといっても解雇したい時には
普通の相手を解雇する時と手順は変化しません

もちろん法に触れるようなことをしてしまい
懲戒クラスの問題社員なら話は別ですが・・・

どのような社員であろうと
基本的には同じ被雇用人という扱いになる為
問題の有無は特に関係ないというオチです

うつ病解雇したい 

うつ病の社員は絶対に解雇できないと思われていますが
実のところ解雇したいなら相応の準備があれば切れます

大前提として就業規則がとても大切になってきますので
それが用意されていないようなところだと会社側は
相当不利な立場になると思った方がいいです

基本的にうつ病という理由で解雇はできませんが
就業規則にもとづき合理的な理由があるなら可能です

もちろん正攻法からいかずとも辞めさせ屋など
違う方面から解決を図ることも可能だったりします

解雇したい 遅刻 

理由なく何度も遅刻を続ける従業員を解雇したい時は
遅刻しないように指導している記録が必要になります

遅刻が多い→即クビというのは難しい状況で
何らかの改善を何回か行なったけどダメだった
という証拠を固めないとトラブルになるようです

ですが証拠さえバッチリ集めておけば
例え弁護士同伴できたとしても戦えるので
事前準備が大切な問題であるといえます

解雇するには 問題社員 

問題社員を手っ取り早く解雇するには
懲戒解雇という手段がありますが
法的レベルの問題が発生しないと使えません

とはいえ使える条件というのも色々あって
横領や私物の窃盗などはもちろんのこと
いわゆるハラスメント行為でも懲戒解雇できます

そのため問題社員といわれるくらいの対象だと
案外引っかかっていることが多かったりします


前の5件 | - 社員 解雇したい ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。