So-net無料ブログ作成
従業員を解雇したい ブログトップ
前の5件 | -

解雇したい 恨み 

個人的な恨みから解雇したい場合は
これは正当な事由とは見なされないため
やるならやるで正攻法は取れません

具体的には辞めさせ屋などを使うか
自分で解決を試みるしかありません

例外として自分以外に同じような恨みを持ち
その方と結託できるなら選択肢は増えます

しかし必ずしも選択できるものではなく
それには運も絡んでくるはずです

解雇したい 従業員 

解雇したい従業員がいる場合は
その理由が正当なものかどうかを判断し
それに応じて動いていくと良いでしょう

なにも不当な理由だとしても無理ではなく
方法がない訳ではありません

辞めさせ屋などの第三者を使うのもよし
何かしら正当な理由を後づけでも良いので
結果てきに正当に辞めさせれば良いだけです

解雇したい 就業規則等 

いくら就業規則等で規定があったとしても
あまりにも不当と判断される理由での解雇は
無効とされてしまうのが世の中の現状です

ですが解雇したいと考えるからには
何かしらの非がある訳です

その非について本人に充分自覚させて
今後の転職活動などの兼ね合いで自主退社等
メリットのある選択肢を求めると良いです

場合によっては辞めさせ屋なども有効でしょう

会社にしがみついている人間ほど特に考えず
居座ること一択で動いているように思えますが
実際には辞めるメリットも少なからずあるのです

解雇したい 手続 

人を解雇したい場合に正攻法でとる手続きは
1ヶ月前の解雇通知だけだったりします

もちろん正当と判断される理由を用意して
有事に備える必要もあります

とはいえやるべきことは殆どがトラブル対策で
解雇自体でやることはかなり少ないのです

解雇したい 弁護士 

理由があって誰かを解雇したい時は
いちど弁護士に相談してみるというのも
猶予があるなら良い手だと思います

できるだけお金をかけずに済ませたいとは
誰もが思うことですが労務トラブルになった時
あまり対策を練ってないとコストが倍増します

その将来的に大きなリスクを抱えるよりかは
弁護士に相談しておいた方が得と考えるか
いや損だと考えるかの差だと思います

前の5件 | - 従業員を解雇したい ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。