So-net無料ブログ作成
社員を解雇したい ブログトップ
前の5件 | -

解雇したい 向上心 

向上心がない従業員を解雇したいなら
まずは改善指導が必要になります

改善を続けても無理だったという場合に
ようやく解雇事由となるようなケースの為
時間はそれなりにかかってしまいます

しかし改善が成功すれば儲けものですし
リスクという点は比較的少なかったりします

社員 解雇 条件 

社員を解雇する条件というはあってないもので
その条件が真偽されるのは労務問題に発展し
裁判なり交渉なりに入った時だけです

トラブルに発展しなければ理由が何であれ
退職届け1枚で済んでしまうのも事実で
多くのケースはこれで終わりです

だからといって適当に解雇してトラブルになれば
それはもう不利もいいところな状況ですから
労務問題になっても対抗できるだけの準備は
しておいて損はないと思います
タグ:条件 解雇 社員

解雇したい 能力不足 

能力不足を理由に解雇したいということなら
改善指導の記録を取りつつ面談もすると良いです

ここで退職を迫るということではなく
事実関係をしっかり明確に話しておくことで
場合によっては向こうから自主退社するからです

あくまで可能性でしかありませんが
解雇よりも自主退社の方がメリットが多く
できれば自分から辞めてもらった方が良いのです

解雇したい 能力 

能力的なところを理由に解雇したいというのが
無理であるという風潮は都市伝説です

大抵のケースではこの2つに分かれますが

1.特定の能力があると嘘をついて入社
2.必要な能力に満たない状態が続いている

1番に関しては嘘を付いている時点で解雇可能で
2番も改善指導を一定期間続けて無理なら可能です

2番のケースの場合は改善指導の記録をとり
それを解雇理由の証拠として保存しておかないと
後でトラブルになった時に不利になりますから
その点は注意すべきことになります

欠勤 解雇したい 

欠勤が多い社員を解雇したい時においても
勤怠と改善指導の記録がカギを握っています

単に勤務状況が悪いだけで解雇はできず
その改善指導をしても好転しなかったという記録を
しっかりと集めた上で解雇することが大切です

これを怠ると何の非もないのにトラブルとなり
余計なコストを消費するハメになってしまいます

前の5件 | - 社員を解雇したい ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。