So-net無料ブログ作成

解雇したい 能力不足 

能力不足を理由に解雇したいということなら
改善指導の記録を取りつつ面談もすると良いです

ここで退職を迫るということではなく
事実関係をしっかり明確に話しておくことで
場合によっては向こうから自主退社するからです

あくまで可能性でしかありませんが
解雇よりも自主退社の方がメリットが多く
できれば自分から辞めてもらった方が良いのです

アルバイトを解雇したい 

アルバイトを解雇したい場合は
その旨を伝えるだけで大概は翌日から来ません

ですが逆にトラブルに発展させる方もいるので
安易に何でも伝えればOKという訳ではなく
ターゲットの人物像をしっかり考慮した方が
よりリスクは軽減できると思います

特にフリーターでアルバイトをしていると
学生よりも死活問題になりますから
よりトラブルのリスクが大きいと考えられます

解雇したい 能力 

能力的なところを理由に解雇したいというのが
無理であるという風潮は都市伝説です

大抵のケースではこの2つに分かれますが

1.特定の能力があると嘘をついて入社
2.必要な能力に満たない状態が続いている

1番に関しては嘘を付いている時点で解雇可能で
2番も改善指導を一定期間続けて無理なら可能です

2番のケースの場合は改善指導の記録をとり
それを解雇理由の証拠として保存しておかないと
後でトラブルになった時に不利になりますから
その点は注意すべきことになります

解雇したい 弁護士 

理由があって誰かを解雇したい時は
いちど弁護士に相談してみるというのも
猶予があるなら良い手だと思います

できるだけお金をかけずに済ませたいとは
誰もが思うことですが労務トラブルになった時
あまり対策を練ってないとコストが倍増します

その将来的に大きなリスクを抱えるよりかは
弁護士に相談しておいた方が得と考えるか
いや損だと考えるかの差だと思います

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。