So-net無料ブログ作成
検索選択

解雇するには 留意点 

通常の手順に則って解雇するには
幾つかの留意点を踏まえて動くことが
リスク抑制のために必須となってきます

ただそこで辞めさせ屋などを頼むことで
有効なケースというのも少なくありませんので
社内だけで完結させた方がいいケースなのか
手段を選ばずクビにしていく方がいいのか
総合的に判断をした方がいいと思います

特に個人的な恨みが辞めさせたいのならば
単独行動がいいのかプロまで使うべきなのか
リスクなども考慮することが後々の為です

アルバイト 解雇したい 

アルバイトを解雇したい時は
まず面談を行なって辞めさせたい空気を
少しでも匂わせてみることが有効です

飲食系など時給の低く誰でもやれるバイトほど
あまり意識が高くないスタッフが多いものです

そのようなスタッフは匂わせるだけでも
翌日から無断欠勤→自主退職扱いになる事も多く
まず面談をするというのは重要だったりします

もちろんタイミングを見計らわないと
今日は忙しい日なのにアイツがこない!という
不利益を被る可能性があるので要注意です

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。