So-net無料ブログ作成

欠勤 解雇したい 

欠勤が多い社員を解雇したい時においても
勤怠と改善指導の記録がカギを握っています

単に勤務状況が悪いだけで解雇はできず
その改善指導をしても好転しなかったという記録を
しっかりと集めた上で解雇することが大切です

これを怠ると何の非もないのにトラブルとなり
余計なコストを消費するハメになってしまいます

解雇するには 解雇理由 

解雇するには当然ですが解雇理由が必要です

その理由をどうしようか悩んでいるくらいなら
辞めさせ屋を利用した方が早いものです

自分が人事職で日夜クビを切ってるならまだしも
この手の話は多くの方が素人であるはずです

それに対して辞めさせ屋は毎日のように
「誰かを辞めさせる」ことに集中していますから
普通の人事よりも精通しているかもしれません

素人とプロを比べてもお話になりませんし
悩むくらいなら相談というのがスムーズです

解雇したい 遅刻 

理由なく何度も遅刻を続ける従業員を解雇したい時は
遅刻しないように指導している記録が必要になります

遅刻が多い→即クビというのは難しい状況で
何らかの改善を何回か行なったけどダメだった
という証拠を固めないとトラブルになるようです

ですが証拠さえバッチリ集めておけば
例え弁護士同伴できたとしても戦えるので
事前準備が大切な問題であるといえます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。