So-net無料ブログ作成

解雇したい トラブル 

トラブルなく解雇したいなら
懲戒解雇レベルの時だけにした方が良いようです

それ以外の状況で解雇するよりは
自主退職が迫った方がトラブルになる可能性が
比較して低くなるのだとか

もっとも辞めさせ屋を利用することによって
トラブルの発生率はまた変動するようです

解雇するには 問題社員 

問題社員を手っ取り早く解雇するには
懲戒解雇という手段がありますが
法的レベルの問題が発生しないと使えません

とはいえ使える条件というのも色々あって
横領や私物の窃盗などはもちろんのこと
いわゆるハラスメント行為でも懲戒解雇できます

そのため問題社員といわれるくらいの対象だと
案外引っかかっていることが多かったりします


解雇したい 円満 

人を解雇したい時に円満な終わり方をしたい
というのは誰でも当然ながら考えることです

ですがその実現には相手が望む保障を
全て受け入れない限りは円満になりませんから
どこかで必ずクビにする側と意見が相反します

この時点で円満ではなくなる訳ですから
非情になってトラブル覚悟で解雇にするか
辞めさせ屋の起用や自主退社なども視野にいれて
最適なものを選んでいくかのどちらかになります

解雇したい 問題 

誰かを解雇したいと思った時の問題点は
決行前よりも解雇してからの方が多いです

一番は解雇することによって
十中八九トラブルとなってしまうことですので
解雇の形を取るなら万全の準備が必要となります

可能であれば自主退職の方がトラブルも少ない為
今後のリスクを考えると辞めさせ屋を使ってでも
自分から辞める流れにしてしまった方が
後悔する結果にならないかもしれません


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。