So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

解雇したい 向上心 

向上心がない従業員を解雇したいなら
まずは改善指導が必要になります

改善を続けても無理だったという場合に
ようやく解雇事由となるようなケースの為
時間はそれなりにかかってしまいます

しかし改善が成功すれば儲けものですし
リスクという点は比較的少なかったりします

解雇したい 恨み 

個人的な恨みから解雇したい場合は
これは正当な事由とは見なされないため
やるならやるで正攻法は取れません

具体的には辞めさせ屋などを使うか
自分で解決を試みるしかありません

例外として自分以外に同じような恨みを持ち
その方と結託できるなら選択肢は増えます

しかし必ずしも選択できるものではなく
それには運も絡んでくるはずです

社員 解雇 条件 

社員を解雇する条件というはあってないもので
その条件が真偽されるのは労務問題に発展し
裁判なり交渉なりに入った時だけです

トラブルに発展しなければ理由が何であれ
退職届け1枚で済んでしまうのも事実で
多くのケースはこれで終わりです

だからといって適当に解雇してトラブルになれば
それはもう不利もいいところな状況ですから
労務問題になっても対抗できるだけの準備は
しておいて損はないと思います
タグ:条件 解雇 社員

解雇したい 従業員 

解雇したい従業員がいる場合は
その理由が正当なものかどうかを判断し
それに応じて動いていくと良いでしょう

なにも不当な理由だとしても無理ではなく
方法がない訳ではありません

辞めさせ屋などの第三者を使うのもよし
何かしら正当な理由を後づけでも良いので
結果てきに正当に辞めさせれば良いだけです

解雇したい デリケート 

労務問題は非常にデリケートな問題ですが
解雇したい事情があるならした方が良い訳で
そのジレンマに悩まされているケースが多いです

しかしいつまでも雇い続けてもデメリットのみで
生産性のない状態が続きますから行動あるのみです

風評もいとわないなら経営状態が危ないとでも
噂を流せば辞めていく人員を作れますが
思い通りに選定することは難しいかもしれません

ターゲットのみを解雇したいということなら
不正の証拠や個人が辞めたいと思うだけの状況が
出来上がってこなければいけません
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。